読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット

無名サイトのつづき

遠くに行くつもりじゃなかった

私事ではあるのだが、転勤することとなった。場所は大阪、期間は未定。

いろいろな事情により、10月から自分が今本社(横浜)で所属している部署は解体の上、他部署に編入となるらしい。なので現部署の人間はバラバラになるわけだが、結果として職場が変わる人間も出てくる。今回の場合はそれが自分だったらしい。ちなみにまだ正式辞令は出ていないので公式には動けないのだが、何故か辞令が降りた時には引越し完了してなければならないらしい。変なの。

そんなわけで、所属部署の解散という大変革を迎える以上、たとえ転勤になったとしても今後しばらくの間、仕事場があるだけでもマシのようだ。 ましてこれまでの働きぶりから考えれば、拾ってもらえただけでも御の字である。

ちなみに拾ってもらえた理由はというと自分が出張する際に、毎回始発で大阪の事務所に来ており、それを見た大阪事務所の所長がそれをやる気と勘違いするかなんかしたかららしい。

実際のところはいかにして出張で大阪事務所に寄ったあと梅田やらなんばのカメラ屋を回るかに最適化していたら、新幹線での移動時間がもったいないのでその分を始発で来るようになったというだけの話なのだから、人生何がプラスに働くか分からないものである。おかげさまでこの一年で掘り出し物のレンズに幾つか出会うことが出来た。なお売上は下がった。

閑話休題。 

と、いうわけで生まれてからの四半世紀を過ごした神奈川県に別れを告げることとなった。考えてみれば小中高と転校したこともないし、大学や会社すら県内だったので一度も親元を離れたことがない。自立という意味でもここらで一人暮らしをしておかないと人間として駄目なのではないかという気持ちもあった。もう駄目になっているのであれば、せめてそれの進行くらいは遅らせたい。

元来神経質なくせにいい加減な性格なので、引っ越すにあたっても枝葉のことばかりが気になって根本的な問題はなるべく考えないようにしてきた。たとえば家を決める前に、維持できるかもよく考えず車を決めた辺りはまさしく自分そのものである。これを書き残しているのも、数年後に自分でこの当時の心境を見て頭抱える為にやっているようなものだ。

今月中には引っ越す予定なので、ここからしばらくはそれ関連のことなんかを忘備録的に書いていこうかなと思っている。たとえば車は諸費用ケチって自分で車庫証明と名変を取ることにしたので、その辺りなんかも書き残しておけばあとで役に立ちそうだし。

引越しまであと三週間(予定)で家も確定してないし荷造りも出来ていない中でこんなことを書いているとは、我ながら呑気なものである。果たして明日はどっちだ。