読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット

無名サイトのつづき

災厄と衝動

その日が厄日だったのは間違いない。

いや、正確に言えばその前の日から厄日だったのかもしれない。なにせ翌日の会議に間に合うように前日から関東入りしようと思い、新幹線に乗ったところ2.5時間遅延してしまい定時ダッシュを決めた筈なのに仕舞いには終電移動になったからだ。──なお、本筋とは関係ないがEX-ICの遅延処理はどうなるのかと思っていたらどうも通常どおりタッチすれば後で払い戻されるらしい。便利だとは思うが実感が沸かない──なもんで実家に帰った頃には既にクタクタであった。

そんな状況でも数時間寝れば朝は来るので、やや寝不足の頭を叩き起こして会社に向かおうとすれば、前日からの雨と雷で会社に向かう私鉄は全て遅延しておりダイヤどころではない始末。それでもなお頑張って会議に出席すれば内容は簡単に言えばおめーの席ねーからであり転勤前から早くも末席に追いやられるという素晴らしいスタート。結局身も心もボロボロになりながら帰りの新幹線に吸い込まれた。

なお、ここでいう新幹線というのは予算の関係でのぞみではなくひかりである。実際はここで浮かせたわずかなお金など何の意味も無いということがあとで判明するのだが。

とにかくにも、新幹線には無事乗ったが乗ってしまえば道中はそれなりに退屈である。ましてやひかりなので、いつもよりも時間は余っている。たぶん、そこからがいけなかったと思うのだが、浜松を過ぎた辺りでうとうとし出して軽く意識が飛びかけたあとでふとiPhoneを見ると、とあるオークションが終了間近という通知が入っていた。

そういえばなんかウォッチリストに入れてたなと思い、半分寝ぼけた頭でそれを見てみると、思ったよりも値が上がっていない。よせばいいのに「この値段で落ち(て誰かが掘り出し物を手にす)るのも癪だし」というろくでもない考えでその時の値段+10kくらいの適当な値を入れて入札。あっさり最高額入札者になった。

そしてまた眠くなり入札したことも忘れだしたころ、そういえばアレどうなったっけというタイミングで手元に届いたのは恐怖の落札通知であった。

ついうっかりでレンズを落札してしまった。それもこれまで購入したレンズの中で間違いなく五本の指に入る金額で、である。今更後悔していても仕方が無いので、その日のうちに入金も済ませてしまい今頃は発送を待つばかりなのだが、とにかくにも冷静さを欠いた行動というのは大変恐ろしい。

普段だったら絶対買わないようなレンズをちょっとの出来心で、かなり高額で落としてしまいいくら心身共に疲れているからといってもこりゃないよなと思う次第である。そしてそういえばこんな事以前にもあったなと思ったら、前回はF2買っていた

いい加減鬱々とした気分を買い物で発散する癖をなんとかしないと、鬱とか以前に借金で死ぬ。きっと。