読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット

無名サイトのつづき

謎のカメラ・レンズシリーズ2 謎のニッコール T・C 5cm F3.5の巻[増補改訂版]

引き続き、手元にある謎のレンズについて情報を募集するコーナー。

話は昨年11月にまで遡る。

とあるカメラ店でジャンクを探していたところ、カゴの中に見た事のない小さなレンズが見付かった。銘版にはNIKKORとあるので、どうやらニコンのレンズのようである。しかしそのレンズはヘリコイドもなくて大変薄く、マウントも一般に見るFマウントなどではなくスクリューであった。とりあえず手近にあったペンタックスSPにあてがってみるとスカスカなので、L39(ライカスクリュー)なのではないかという推察の上で、これはなんか珍しいかもしれないと思い買ってみた。

これが長きにわたる混迷の旅路の始まりになるとは、この時は思ってもいなかった。

さて、購入して外観からわかる仕様としては下記のようなものだった。

 ・銘板はNIKKOR-T・C 1:3.5 f=5cm Nippon Kogaku Tokyo No.8034
 ・ヘリコイドはなくリジッド(固定)鏡筒
 ・フィルターねじは切っていない。マウントはM42よりは小さいスクリュー(その後L39と判明)
 ・レンズはパッと見ノンコートに見えるくらいの薄いコート付き
 ・絞りはノンクリック。特徴的な串刺し形状のノブ付きで3.5-16まで

f:id:seek_3511:20151205225826j:plain

早速あれこれ調べたりTwitterで詳しそうな人に聞いてみると、仕様的にはL39でヘリコイドなしということであれば引き伸ばし機用レンズだろうという意見が大半であった。実際この仕様であればヘリコイドがない時点で一般の写真撮影用ではありえないし、あり得る方向性としてはやはり引き伸ばし機用レンズで、次点でベローズ用くらいのものであろうと考えていた。

が、帰宅してさらに調べてみるとこのレンズが何処にも出てこないのである。

そもそも、古いニッコール命名規則からすればNIKKOR-TというのはT(Triple)つまり三枚玉を表す。なので、その表記に習えばこのレンズはトリプレット構成ということになるであろう。しかし、検索で引っかかるのはマウンテンニッコールとして高名なNIKKOR-T 10.5cm F4ばかりで、標準域のトリプレットレンズがあったという話は全く聞かない。つまり、調べた限りでは何処にも見当たらない、謎のニッコールレンズなのである。(以下謎のニッコールと呼ぶ)

そして、引き伸ばし機用ではないか? という方面からの探索も意外な展開を見せる。

まず、ニコンの引き伸ばし機用レンズと言えば言わずとしれたEL-NIKKORであるが、このレンズは明らかにそれよりも古い見た目である。というわけで、古い引き伸ばしレンズから調べてみることにした。ニコン製の引き伸ばし機レンズの始祖といえる存在は戦前のヘルメス5.5cm F3.5レンズらしいのだが、これは調べてみるとテッサー型の構成を取っているとのこと。同レンズについて言及した数少ない書籍である「ニコン党入門」より該当部分を引用すると

「1936年(昭和11年)5月8日、5.5cmF3.5テッサー型レンズが、『ヘルメス』という名称で試作完成し、1937年(昭和12年)8月26日出図で300個製造された。」
出典:三木淳・渡辺良一・渡辺澄晴「ニコン党入門」第9章 日本光学小史 P253 池田書店

……とある。このヘルメスというレンズについては300個しか生産されていないと思われる貴重なものながら、幸いネット上にも多少の情報があり、ユーザー団体であるニコン研究会の会員の方が開設されているサイトに写真と共に掲載されている。

以下RED BOOK NIKKORよりヘルメス5.5cm言及記事へのリンク
May 2006, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report
September 2008, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report
July 2009, Nikon Kenkyukai Tokyo, Meeting Report

戦前のレンズということもあり、外見的にも手元のレンズとの共通点は少なそうである。3群4枚のため、ニッコール銘以前のレンズではあるがもし構成枚数がレンズ名に含まれている時期の表記に直せばさしずめNIKKOR-Q(Quad)ということになるだろうか。

なお、余談だがこのヘルメスも上記個人の所蔵のものはNo.591(表記はNr.591)と読めるのでおそらく総生産本数が300本という先の記述を信じれば001番からスタートではないということになるが、海外のオークションに出たものはNo.820。ここまではいいのだが、海外のユーザー所有のものでNo.55200と突然桁が飛ぶのだから頭を抱えてしまう。もしかしたら初期ロットが三桁シリアルで、桁数が増えたものは量産仕様(ニコンだとよくあることらしい)という可能性もあるが、ニコンの採番方法がわからないだけに真相は闇の中である。Googleを駆使して調べる限りでは、シリアルナンバーが読める鮮明なレンズ写真というのはこの三個体以外には存在しなかったので比較しようにもわからないというのが現状である。

ニコンの引き伸ばし機用レンズとしては最初に挙げたエル・ニッコール銘の5cm F2.8(1957)が有名だが、先のニコン研究会の例会に持ち込まれたものにはそれよりも古そうな「EL-NIKKOR-C 5cm F3.5」が存在する。これはサークルアジアンレンズリスト製作委員会によるASIAN ENLARGING LENS LISTによれば「5cm F3.5」がリスト中に存在しているので、このレンズであると思われる。備考の「1945.12.21出図・RFのレンズを流用」という注釈とスペック表からすると3群4枚とあるのでおそらくはテッサー型である。この後に述べるNikkor Q.C 5cm F3.5を流用したのだと思われる。(ちなみにこのリスト中に3群3枚トリプレットのニコン製引き伸ばし機用レンズは掲載されていない) なお、おそらくこの記述のネタ元も「ニコン党入門」からと思われる。先ほどのヘルメスについての言及の先にはこのような文が続いているのだ。

「戦後、はじめて製造したのは、1947年(昭和22年)4月にオーダーが出された5cm F3.5で(出図は昭和20年12月21日)、254個製造されている。」
出典:三木淳・渡辺良一・渡辺澄晴「ニコン党入門」第9章 日本光学小史 P253 池田書店

さて、こうなると不思議なことになる。

1.始祖たるヘルメス5.5cm F3.5(1937)はテッサー型。
2.次に古いと思われるEL-NIKKOR-C 5cm F3.5(1947)もテッサー型
3.そして新規光学系と謳われたEL-NIKKOR 5cm F2.8(1957)は4群6枚

この中で謎のニッコールを当てはめるとすれば、時期的に1と2の間が妥当で、次点で2の直後といったところであろう。何故ならEL-NIKKOR-C 5cm F3.5 のシリアルナンバーは5桁(No.70794)であり、3桁(何故か5桁のもあるが)のヘルメス、4桁の謎のニッコール、5桁の EL-NIKKOR-C 5cm F3.5と並ぶので(一般的に年代を追って数字が増えていくという感覚からすれば)一応はスッキリする。 

ところが、1と2の間ではテッサー型というレンズの基本構成は変わっていないのである。途中で一世代だけトリプレットにしてまたテッサー型に戻すというのも妙な話ではないだろうか。果たしてここで敢えてトリプレットを投入するメリットというものは存在するのだろうか?

もちろんレンズが一枚減るので単純に考えてコストダウンにはなるのだろうが、すでに戦前にヘルメスという先例から設計・製造面で実績があり、レンズエレメント自体はおそらくRF機用にも転用出来るテッサー型をやめてトリプレット型を新規に設計し生産を立ち上げるほどのメリットがあるとも思えないのである。 

ここでいう「実績」や「メリット」というのは、つまりテッサー型といえばこの時期の標準的なレンズ構成であるので、当然RF機用として並行して普通に製造されていたということでもある。テッサー型の標準レンズはニコンが自社でカメラを作る前から単体交換レンズとして「Nikkor-Q.C 5cm F3.5」として製造されており、キヤノンおよびニッカへ供給されていた(出典:CameraGraphic「Nikkor-Q.C 5cm F3.5 : ニコン登場前のニッコール」より)のだ。また、同名のレンズはニコンI型に装着された写真も残っている。赤文字の「C」表記やメッキの感じといい、謎のニッコールの外観はヘルメスよりもこちらのレンズの方に共通項が多い。

なおリンク先の言を借りれば「コーティングは,日本国内では戦時中に発展した技術であり,双眼鏡や潜望鏡などの光学兵器に採用されたが民生用のレンズとしては例がなかった.このレンズが国内では最初にコーティングを施されたレンズだ」とのことなので、C銘があり、コーティングが施された製品は戦後に製造されたものと考えてよさそうである。

戦後すぐの時期においてニコンにおいて単層コーティングレンズの生産が行われていたソースは再度「ニコン党入門」の戦後のレンズ検査についてを引用する。

「(前略)なお、昭和22年3月の検査記録によれば、※ニッコール5cm F3.5
○第一次検査(コーティング前) 233個のうち、116個が不合格
○第二次検査(コーティング後) さらに3分の1以上が不合格 となっており(後略)」
出典:三木淳・渡辺良一・渡辺澄晴「ニコン党入門」第2章 世界へ飛び出したニコン P28 池田書店

このスペック(5cmF3.5)はまさに謎のニッコールのスペックとドンピシャであるが、これは先ほどのテッサー構成のものである可能性が高いと思われる。昭和22年当時はI型ニコンの試作機を作っていた辺りなので、ニッカもしくはキヤノン用レンズとしての生産だったのではないだろうか。 

というわけで、引き伸ばし機用レンズとしての他製品との比較アプローチでは「何故後にも先にも例が無く、メリットも見込めないトリプレット構成なのか?」という大きな謎が残った。

また、次に謎だと考えているのはこのレンズの絞りリングである。これまでに見たことのない串刺し型のノブ(反対側に同じノブが付いている)が付いていて、これも特徴だとは思うのだが、もう一つ奇妙な点がある。

それは絞り数字の向きが「通常のカメラ同様、マウント側を下にしている」ということである。一方、一般的な引き伸ばし機用レンズは引き伸ばし機に取り付けた際に読み取りやすいように、概ねレンズ先端側を下にしている。

これはヘルメス及びエル・ニッコール時代を通して同様であり、また他社の古い引き伸ばしレンズにおいても同様である。ついでに言うならば、EL-NIKKOR-Cにおいても絞り数字の向きはレンズ先端側が下である。他社も含めた引き伸ばし機用レンズについては雌山亭内の引き伸ばしレンズ収蔵庫に詳しいが、かなり古いものであっても、基本的に文字の向きはレンズ先端側が下のようである。だとすると、このレンズは本当に引き伸ばし機用レンズなのだろうか?

また、製造時期についても新たな謎が残る。 一旦「シリアルナンバーの桁順なら自然」と書いておいて卓袱台をひっくり返すようであるが、やはり完全にスッキリとはしないのである。

おそらくニコン研究会会員所有のEL-NIKKOR-C 5cm F3.5がニコン党入門及び ASIAN ENLARGING LENS LISTで言及されている「1947年発売のテッサー型の引き伸ばし機用レンズ」ということになると思うが、もしこちらがニコン党入門の記述通り「戦後初めて作られた引き伸ばし機用レンズ」であるならば、謎のニッコールはシリアルナンバーの順から戦前もしくは戦中のレンズということになってしまう。しかし民生用レンズにコーティングが施されたのは戦後ということであれば、その時点で矛盾が発生してしまう。とすれば、この謎のニッコールは各資料において引き伸ばし機用レンズとして扱われていないという可能性がある。 

そしてEL-NIKKOR-Cが戦後初の引き伸ばし機用レンズであれば引き伸ばし機用を表すEL銘はこの時代から存在したことになる。とすれば、年代の近い謎のニッコールにEL銘がないのは一体何故なのだろうか? これもまた、引き伸ばし機用レンズではないという証左の一つではないだろうか。

というわけで、別のアプローチを試みてみよう。謎のニッコールにおける社名の表記は「Nippon Kogaku Tokyo」であり、より古いとされる「Nippon-Kogaku Tokyo」ではない。社名表記の変遷としては概ね下記の通りらしいのだが、ここからもおそらく戦後すぐではなく、少し経ってから製造されたことが類推できる。

[レンズ銘版の社名表記の変遷と対象カメラ・レンズ]
Nippon-Kogaku → ヘルメス5.5cm F3.5キヤノンS型
 ※ヘルメスと同時期のハンザキヤノン用レンズは社名表記なしで「Nikkor」のみ
Nippon-Kogaku Tokyo → キヤノンJ型ニッカカメラニコンI型初期
Nippon Kogaku Tokyo → ニコンI型・謎のニッコール・ EL-NIKKOR-C
※このあとS~S2の頃のレンズで「Nippon Kogaku Japan」になるようだ。

ただし、この分類はハンザキヤノン用レンズでも「Nippon-Kogaku」表記のものがあったりニコンI型の中でも二つに分かれていたりと、若干のオーバーラップを伴っていたようなので必ずしも一致するというわけではないだろう。

適当にググったニコンS型(1950)の写真を見ていると装着されているレンズには「Tokyo」銘と「Japan」銘が混在しているが、概ね50年以降を境にJapan銘が増えたのでは無いかと思われる。この辺りは研究されている方に譲ることとする。

よって、製品年代的にもやっぱり EL-NIKKOR-Cと同時代、おそらくは1945~50年辺りの数年内に作られた製品であるということではないかと思う。ただ、どちらがより古いかどうかというのは分からない。

しかし、これらの推察にしてもこのレンズそのものの資料がないので、何処まで正解に迫っているのかイマイチわからない。トリプレットの引き伸ばし機用レンズは皆無ではないようだし、使い勝手の面も些細な問題なのかもしれない。シリアルナンバーにしても、桁数の順というのはあくまでも一般的な感覚の話である。EL銘がないことだってヘルメスの次のモデルと考えればありうる話だし社名にしたって数年という狭い範囲ですでにオーバーラップが見られている。

つまり、スペックからすれば必然的に辿り着く「かなり古い引き伸ばし機用レンズ」という推察を否定するような仕様が多く、かといってそれらは引き伸ばし機用レンズであることを完全には否定するほど決定的なものでもない、というややこしい状況になっているのだ。 

まとめると、下記のようになる。
・引き伸ばし機用レンズっぽい点
 「固定鏡筒」
 「L39」
・引き伸ばし機用レンズ用っぽくない点
 「当時のニコンとしては疑問の残るトリプレット構成」
 「絞りリングの表示向きが逆向き」
 「戦後すぐに誕生している筈のEL銘が付いていない」

とはいえ、L39ということから当時の一般的なRFニコンカメラ用ではあり得ないし、またヘリコイドがないためキヤノン・ニッカ用の一般的カメラ用ということもあり得ない。 あとはベローズくらいしか思いつかないが、これもベローズ用ニッコールが別に存在し、このレンズにあたる製品の話は見つけられなかった。 

追加情報としてニコンS型前後のオプションであった「精密複写用レンズ」ではないか? という情報も頂いたのだが、こちらについては尚更ネット上には情報がなく、調べられずにいる。この辺になると日本カメラ博物館の図書館でも行ってマニュアルと当時の広告ひっくり返さないと無理そうな気がするが、平日しか開いていないので行けずじまいである。この辺のことだとすれば、装着されているのはおそらくmicroの5cm F3.5であると思われる。Sマウント用microの5cm F3.5は(これも想像を絶するレアものではあるが)このように全く見た目が異なる。

というわけで様々な資料と共に長々と書き綴ってきたが、丸二ヶ月他のレンズも買わずこのレンズと格闘してきた結論として

結局わけわからん!

のである。よって今回も例によってインターネットの大海に放流して、何か吉報が届かないかと思って本記事を作成した次第である。

このレンズのロマンとしては、他に例のない「標準域のトリプレットニッコール交換レンズ」であるという点に尽きる。そしてそれが他のメーカーに比べれば遙かに資料の多いニコンだというのに未だに素性がわからないというところもワクワクするところである。

というわけでこのレンズについて情報をお持ちの方がいらっしゃれば、コメント欄にでも何か残して頂けると幸いです。案外探し方が悪かっただけで他の人から見たら珍しくもなんともなかった、ということは往々にしてありますので。

[ここから2/29追記分]
……という記事をアップロードしてみたはいいが、今のところこのレンズがなんのレンズであるかは相変わらず不明なままである。だが、この間手をこまねいていたわけではない。

というわけで先日、こういうややこしいものの出所が分かるかもしれない心当たりのうちの一つ、日本カメラ博物館まで行ってきた。ちなみにもう一つの心当たりはニコンミュージアムだったが、正直この年代のものに詳しい解説員は期待薄かなと思っている。

まぁ、実際は(00年フォトキナ出展の初代K-1が掲載されている)ペンタックス展の図録が欲しくて行ったので、この件を聞きに行ったというわけではないのだが、結果として学芸員の方々に多大な協力を頂いてしまった。

まず、常設展示のヘルメスはNo.690(らしい。メモるの忘れて後で教えてもらった)だが現物を見てもやっぱり絞り表記の向きは引き伸ばし機用のそれであった。他にも戦前RFキヤノンニッコールやらを見ていると、やはり見た目はその辺りから戦後すぐくらいまでのニッコールに一番近い。まぁ自分でわかるのはその程度までなので、ペンタックス展の図録を買うついでにちょっと聞いてみる。

すると、学芸員さんでもこのレンズに心当たりはないという。ただ、素性としてはやはり引き伸ばし機用「ではない」のではないかということである。かといって、もう一つの可能性であるベローズであれば一般的には無限を出す為に90~135mm程度の焦点距離を採用するはずで、50mmのベローズ用レンズというのは聞いたことがないとのこと。また、赤文字でCマークの単層コートはやはり戦後のレンズであろうとのことであった。

いろいろ本を持ってきてもらったり、某超有名コレクターの人に電話で問い合わせてもらったりとなんだかどんどん話が大きくなってしまったのだが、結局確定情報は得られなかった。ただし、コレクターの方などの意見を総合すると、50年代初めくらいに作られた産業用レンズなのでは? との結論に至った。赤Cマークから年代を引くとやはりその辺りになるらしい。

ただ、戦後10年くらいの間であればそれこそニコンは一品モノに近いような産業用レンズも多数作っていたため、何に使うのは分からないようなレンズが出てきても仕方が無いとも仰っていた。というわけで、現在では概ね「1950年の前後10年くらいの範囲で作られた産業用レンズ」というのが答えなのでは無いかと思っているが、しかし一体何用のレンズなのかは相変わらず謎である。

結局、こういうのに詳しい人は日本国内でもほとんどおらず、 学芸員さんにも おそらく検索して出てくるサイトの人が一番詳しいだろうからその人に問い合わせてみてはというアドバイスを頂いたので問い合わせのメールだけ送信して今に至る。今のところ返事は頂けていない。
[追記ここまで]

最後になりましたが、本稿の作成においては多数のサイト様からの情報を頂きました。文中にリンクを貼らせて頂いた各サイトの作者様に感謝致します。

というわけで、一枚だけ作例を貼って締めとする。アダプターを買ったりベローズを借りたりしてα7で試行錯誤しているのだが、いまのところまだ無限遠撮影には成功していない。ただ、少なくとも近接において35mmフルサイズのイメージサークルはカバーしているように見える。

f:id:seek_3511:20000101003840j:plain
これはKodak DCS Pro 14nにアダプターで近接を試したもの。まぁ、普通に写るもんである。ここまで長々とやってきて身も蓋もない話で恐縮だが、そういうオールドレンズ的な意味での感動というのは特にない。

[2016.02.13 増補改訂]
[2016.02.29 追記]